「アートヴィレッジTOON戯曲賞2018」5人の審査員が確定しました。

posted on 2018.07.10


お待たせしました!

「アートヴィレッジTOON戯曲賞2018」5人の審査員が確定しました。
それぞれに作風の異なる方々です。

たくさんの方のご応募をお待ちしています。


☆篠原久美子(劇作家)
 劇団劇作家代表。2005年『ヒトノカケラ』で鶴屋南北戯曲賞ノミネート。2013年『空の村号』で第48回斎田喬戯曲賞受賞。演劇教育にも携わり、各地で劇作ワークショップなどを行っている。

☆坂手洋二(劇作家・演出家)
83年、燐光群を旗揚げ。作品に『くじらの墓標』『神々の国の首都』『天皇と接吻』『ブラインド・タッチ』『だるまさんがころんだ』『星の息子』等。03年 『屋根裏』で読売文学賞受賞。

☆鈴江 俊郎(劇作家・演出家)
オフィス白ヒ沼主宰。岸田國士戯曲賞、文化庁芸術祭賞大賞、OMS戯曲賞、シアターコクーン戯曲賞など。戯曲は英独露インドネシア語に翻訳され海外でも紹介されている。

☆松井 周(劇作家・演出家・俳優)
1996 年劇団「青年団」に俳優として入団後、2007年に劇団「サンプル」を旗揚げ、青年団から独立。2011年に『自慢の息子』で岸田國士戯曲賞を受賞。2018年7月~8月にホリプロ『レインマン』(新国立劇場中劇場他)の演出を控える。

☆矢内原美邦 (ニブロール主宰・振付家・劇作家・演出家)
日常的身振りをベースに独自の振付で国内世界各地のダンスフェスティバルなどに招聘。2012年岸田國士戯曲賞を受賞。美術作品の制作も行い、上海ビエンナーレ、大原美術館、森美術館などの展覧会に参加。2007年第1回日本ダンスフォーラム大賞他受賞歴多数。