202002.08

南海放送ラジオさん「TIPS」でご紹介いただきました!

TOON戯曲賞2018大賞作品 演劇公演「草の家」について、南海放送ラジオさんの「TIPS」という番組でご紹介いただきました! *TOON戯曲賞とは? *「草の家」はどんな物語? *作品のみどころは? など、「草の家」の出演者がお話させていただきました。 【放送時間】 2020年2月7日(金)13時〜13時15分 聴き逃された方は「radiko」というアプリのタイムフリーで「11:45-14:00」を選択していただくと、1週間以内はお聴きいただけます。 観劇前に、ぜひお聴きください。 [パーソナリティー] 正岡省吾さん [出演] 岩渕敏司〈藤井浩次 役〉 愛洲恵 〈光子 役(Wキャスト)〉 【チケットご予約】 NPO法人シアターネットワークえひめ TEL : kusanoie2020@gmail.com TEL : 089-904-7025

202002.07

愛媛CATVさんに取材していただきました!

TOON戯曲賞2018大賞作品 演劇公演「草の家」2月から稽古が本格化され、 演出家、出演者、音響・照明・舞台美術・衣裳・小道具・広報など各スタッフが協力して、クリエーションが進んでいます。 昨日、愛媛CATVさんに取材していただき、稽古風景も撮影していただきました。 放送開始は、2020年2月17日19:00〜です。たうんチャンネル(111ch)の「たうん広場」 観劇前に、ぜひ愛媛CATVをご覧ください。 【チケットご予約】 NPO法人シアターネットワークえひめ TEL : kusanoie2020@gmail.com TEL : 089-904-7025

201912.24

とうおん舞台芸術アカデミー「ミュージカルって?」が、リニューアル。

とうおん舞台芸術アカデミー「ミュージカルって?」講師:忠の仁 の内容をリニューアルしました!! ●従来のブロードウェイ・ミュージカルの研究をお休みして、日本のオリジナル・ミュージカルの勉強を始めます。 ●坊っちゃん劇場の許可をいただいて、過去の作品の素晴らしい歌を楽しみながら学んでいきましょう。 ●【誓いのコイン】より「心の国境を越えたい」 【鶴姫伝説】より「いつか平和が」&「翼」 その他、【幕末ガール】や【52Days】などから名シーンの数々を随時。 ●和製ミュージカルの草分け的存在・いずみたく氏の名舞台  『見上げてごらん夜の星を』や『俺たちは天使じゃない』、『洪水の前』など。 ●忠の仁のかかわった『葉っぱのフレディー』や『君に捧げる歌』、 愛媛に来てからの【シンパシー・ライジング】や【明日を信じて】など。 ●日本人になじみやすい、親しみのあるメロディーを一緒に歌いましょう。 そして、ゆくゆくは少人数でも可能なオリジナル・ミュージカルを一本、上演いたしましょう。 ※※ 1月18日(土)16:30~18:00 アトリエC    2月 8日(土)16:00~17:30 アトリエC    3月21日(土)18:30~20:00 アトリエC   どうぞご参加ください。

201910.29

TOON戯曲賞2018大賞作品「草の家」演劇公演、出演者オーディションを開催

10月5日(土)、アトリエNEST において、特別出演者も含めて23名の方にご参加いただき、WSオーディションを開催しました。 「草の家」を執筆された劇作家の守安久二子さんも、「どうしても、お芝居が立ち上がる瞬間に立ち会いたい」と岡山から駆けつけて下さいました! 主催者から挨拶の後、演出の西村和宏さんからは、「参加して下さったすべての方に関わっていただきたいですが、今回は登場人物が決まっているので、出演者は限られてしまい、申し訳ありません」と配慮。 最初は緊張感があったものの、西村さんの進行で自己紹介、シアターゲームなどを進める中で、笑い声の絶えない楽しいWSとなりました。 最後は、参加者が登場人物の台詞で、簡単な読み合わせなども試みました。 このオーディションの結果は既に参加者の皆さまにお知らせしていますが、このホームページにおいても後日、最終的な出演者を公表させていただきます。

201908.06

TOON戯曲賞2018 大賞受賞作品「草の家」演劇製作スタートしました。

作 品 名 草の家 劇 作 家 守安久二子(TOON戯曲大賞受賞作品) 公演場所 シアターNEST 4回公演 公 演 日  2020年 2月22日(夜)23日((昼・夜)24日(昼) 開演時間未定 主  催 東温市移住定住促進協議会 共  催 東温市 協  力 東温アートヴィレッジセンター 企画運営 NPO法人シアターネットワークえひめ 助  成 2019年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業 ※役者、スタッフは10月初旬WSオーディション予定 ※演出家プロフィール   西村和宏(演出家・サラダボール主宰) 四国学院大学准教授、青年団演出部、ノトススタジオ芸術監督。1973年生、1999年より川村毅氏が主宰する劇団第三エロチカで俳優として活動。2002年にサラダボールを立ち上げ、以降すべての演出を手掛ける。2005年より平田オリザ氏が主宰する劇団青年団の演出部に所属。2011年より四国学院大学身体表現と舞台芸術マネジメントメジャー(演劇コース)にて教鞭を執る。これを機に活動拠点を香川県に移し、地域での演劇教育や創作活動を行う。瀬戸内国際芸術祭参加や小豆島町民と「二十四の瞳」を創作するなど市民劇の上演や高校生・市民向けの演劇ワークショップを多数行っている。

アーカイブ

1 2 3 4 5 6